腸内環境は善玉菌と悪玉菌のバランス!

健康な腸内環境とは、善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている状態をいいます。そして、腸内の悪玉菌は増えすぎるということもありませんし、完全に善玉菌がいなくなる事もありません。

 

 

でも現代社会の偏った食のあり方や生活習慣だと、腸内環境は悪玉菌は常に増えやすい状況にあるといえます。

 

 

それは腸内で悪玉菌の勢力が伸びて白血球一種である顆粒球が増えてしまい顆粒球が死ぬことで活性酸素が増えて、腸内が傷つくというよくない連鎖ができてしまう土壌でもあります。

 

 

また、悪玉菌が増えると腸壁に「おでき」ができることもあり、活性酸素の傷つけ方とはまた別の方法で腸内を傷つけることもあります。まず、悪玉菌は腸の壁を刺激します。これに対応しようとして腸は腸の壁の細胞を増やします。

 

 

腸の細胞は食物が通ることでいつも刺激を受けているため、刺激が強いせいか、約1週間ほどで細胞が生まれ変わっていると考えられています。

 

 

代謝が早いということは、一方で成長も増えるのも早いということです。新しく「おでき」ができるとそれが大きくなるのも早いということが考えられます。

 

 

善玉菌と悪玉菌のバランスをとって腸内環境を良くすることは、また顆粒球の増殖を防ぐためにも必要なことなのです。

 

 

リンパ球が増えると、自分を守るための抵抗する物質をたくさん生むようになりますが、その能力が高まりすぎると今度はアレルギーになりやすくなります。この辺りは非常に悩ましいですね。物事は何でもバランスが大事です。顆粒球とリンパ球のバランスも私たちの健康にとって大事です。

 

 

善玉菌を増やすには今話題の乳酸菌革命がオススメです。

 

 

 

毎朝スッキリに感激!最高賞受賞の乳酸菌!