善玉菌と悪玉菌とは、善玉菌を増やすには?

乳酸菌やパン酵母、ビール酵母など、発酵して食品などになり、また体内でも人間にとって大いに役立ってくれるものです。このような人の役に立つ微生物の酵母菌達を善玉菌としてひとまとめにくくることができます。

 

 

反対に人間にとって嫌なことをする細菌などのことを悪玉菌としてまとめて呼んでいます。それらの菌達は腸内に限った事ではなく、体の外でも似たような行いをしていますので善と悪が判別しやすいです。

 

 

例えば、善玉菌としては乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などがあります。腸内で悪玉菌と戦い、毒素を追い出します。

 

 

また、これらの善玉菌はビタミンB群を腸内で作り出します。腸内の環境が整うと、栄養素の吸収率もアップして、間違って毒性の強いものを食べたりしても毒素にやられずになんとか踏みとどまることもできます。風邪に対しても、ちょっとの感染くらいなら負けずに持ちこたえることも期待できます。

 

 

吹き出物や口内炎なども良くなるでしょう。それに対して腐敗菌のウェルシュ菌や大腸菌などの微生物と、炭疽菌、結核菌などの病原体のことを悪玉菌と呼んでいます。

 

 

体の外では生命がなくなった動物や植物を腐らせたり、食中毒の原因ともなります。また悪玉菌が体の中にたまったときは、腸内で行われる栄養分の吸収などの働きを邪魔したり

 

 

あとは体の外に出されるだけの不要物を腐敗させて毒素を発生させたりします。その毒素が吸収されて体の中に回り、気持ちが悪くなったり、集中力に欠けたり、めまいや頭痛などを引き起こしていきます。腸内ではこれらの菌が、食生活やストレスによって下剋上のように絶えず勢力図を塗り替えています。

 

 

そうであれば当然、善玉菌優位のバランスのよい腸内細菌バランスを保ちたいですね。ただ最近の研究ではこのように善玉菌・悪玉菌と呼ばれるものも他の菌と連携すると両方の働きをする場合もあるということで、この分野は今まさに研究の最中であることがわかります。

 

 

何しろヒトの腸内には菌が500〜1000種類も棲んでいるのです。いまだに未知の部分が多くても不思議ではないでしょう。実はごく最近、新発見された腸内細菌もいるのですから。

 

 

ちなみに、善玉菌を増やすには今話題の乳酸菌革命がオススメです。

 

 

 

毎朝スッキリに感激!最高賞受賞の乳酸菌!